About

テクスチャーという語は「織物の織り方」という語源を持ちますが、
織物の生地は一つひとつが異なる色や材質である多様な糸が、
互いの個性を生かしながら重奏することによって織り上げられます。
同様に、石やタイル、金属、コンクリートといった相異なる素材を
「織物」のように美しく織り上げることによって、
テクスチャーの宿った建築を、衣服のように身にまとっていただくことを
大切にしています。
豊かな暮らしを支えるのは、テクスチャーを通して人の琴線に触れる、
豊かな質を持った建築だからです。

大量生産、大量消費を伴う20世紀型の資本主義社会において、
工芸は手間の掛かる古い技術として弱い立場に置かれてきました。
一つひとつの工芸技術は、かけがえのない魅力を持つとともに、
扱いにくい癖をも併せ持つ存在です。
規格化された部品を機械的に組み立てることでつくられる建築ではなく、
工芸技術の持つ個性や素材の質が生き生きと引き出された空間の調和を設計する。
建築設計の核心はそこにあると、わたしたちは考えています。

Profile

細尾直久
1981年ミラノに生まれ、京都で育つ。洛星高等学校卒業。近畿大学国際人文科学研究所で柄谷行人氏、岡﨑乾二郎氏に師事しながら、理工学部建築学科卒業。ミラノ工科大学留学を経て、David Chipperfield Architectsに勤務。
イタリアから日本へ帰国後、2015年京都にてHOSOO architectureを設立。
一級建築士。noteで「工芸建築論」を執筆中。

Awards

Book publications

Web postings

Office

一級建築士事務所HOSOO architecture
登録番号:京都府知事登録(01A)第03068号
管理建築士:細尾直久
登録年月日:令和元年11月20日
事務所所在地:〒602-8227 京都市上京区黒門通元誓願寺下ル毘沙門町752
Tel/Fax: 075-441-5189
Mail: mail@hosoo-architecture.com